nekoannai
・診察(外科、内科、耳鼻咽喉科、眼科、歯科、皮膚科、産科、行動科)
・各種検査(健康診断、血液検査、尿検査、糞便検査、レントゲン撮影、超音波検査など)
・往診
・各種処置、手術            →検査機器や診療設備の紹介
・避妊、去勢手術     
・予防(混合ワクチン、ノミダニ、フィラリア予防)
・各種相談(しつけ、飼育相談等)
・二次診療施設(大学病院や専門医)との連携(MRI、CT、内視鏡検査等)
避妊去勢手術について 猫2016.5〜
082猫にストレスのない診療をこころがけています082
nekomatiai
woodline
woodicon こんな診療をしています    

 各表題をクリックすると、ブログへ移動します
整形外科/ 下顎骨折
泌尿器科/ 慢性腎不全
泌尿器科/ 下部尿路疾患
消化器科/ 異物食による腸閉塞
消化器科/ 門脈シャント(単一性肝外シャント結紮術)
行動診療科/ 過度のグルーミング
内分泌科/ 猫の甲状腺機能亢進症
消化器科/ 猫の肝外胆管閉塞に伴う黄疸の治療(胆嚢切除、胆道変更術)

ねこぶろぐ
woodline
woodicon ご来院の際は…
・お電話またはメールでご予約ください。→予約について
  <診察時間> 9:00〜12:00、16:30〜19:30
  ※14:00〜16:00は完全予約制の時間となっておりますので、ご相談ください。
・キャリーバッグや洗濯ネットに入れてお連れください。
・症状によっては糞便や尿を持参したほうがいい場合もあります。
・当院はアニコム損害保険(株)のどうぶつ健保、アイペット損害保険(株)のペット保険の
 窓口精算が可能です。受付時に保険証をご提示ください。
 その他の動物保険にご加入の場合もお申し出ください。

woodline
woodicon ねこちゃんの健康管理    

感染症とワクチン
ウイルスや細菌などによる感染症を予防するため、ワクチン接種が重要です。
母猫からの移行抗体がなくなる生後6〜8週頃に第1回目の接種をし、その1ヶ月後に1回の追加接種、
さらに免疫の補強のため年1回の追加接種が必要です。
ワクチンで予防可能な感染症には、猫汎血球減少症、猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、
猫白血病ウイルス感染症があります。
当院では混合ワクチンを用意しています。獣医師にご相談ください。

去勢・避妊手術について
去勢・避妊手術を行なうことは、望まない妊娠を防ぐだけでなく、
発情したメスの鳴き声や、オス同士の威嚇や闘争によるけがや感染症などの問題の解決にもつながります。
また、乳腺癌や子宮の病気を抑えられるというメリットがあります。

定期検診
猫は5〜6歳を超えると中年齢期になり、歯周病や腎疾患、腫瘍などさまざまな病気がみられ始めます。
血液検査やレントゲン検査などで病気は早期発見し、早期治療に繋げましょう。
また、外出する猫は猫白血病ウイルスや猫免疫不全ウイルスの検査も定期的に受けましょう。